kkbox台湾DA PUMPインタビュー&写真!翻訳してみた

DA PUMPがスーパースリッパで台湾を訪れた際受けたkkboxのインタビュー&写真です!

写真は渋めの衣装でカッコイイ(^-^)

記事はGoogle翻訳を使って訳してみました!

www.instagram.com/p/B1GTy0gl7Mm/

こちらインスタの文章↓

「即使在谷底,也從未想過要放棄🔥」
出道至今22年,DA PUMP經歷過日本唱片圈最輝煌的時期🌟🌟
同時也面對過長達近10年的低潮
團體組成至今,除了主唱ISSA外
其他昔日的戰友都已經退團了😭
究竟ISSA是如何撐過這些年的低潮期呢?💪💪

翻訳ツール使って訳してみた!
ちょっと日本語おかしくなるけど意味は伝わる(^-^)

「谷の底でさえ、あきらめようとは思わなかった。」
22年前にデビューしたDA PUMPは、日本のレコード界で最も素晴らしい期間を経験しました
同時に、10年近くも干潮に直面しています。
これまでのグループの構成(リードシンガーISSAを除く)
他の元同志はすでに退職しています。
ISSAはこれらの年の干潮をどのように生き延びますか? 💪💪

 

www.instagram.com/p/B1GWjzdArDT/

www.instagram.com/p/B1GXz62pUlb/

twitter.com/DAPUMP_DAICHI/status/1161212623456571392?s=20

▶こちらがインタビュー記事!

以國民神曲〈U.S.A.〉翻身 DA PUMP 許願再登紅白
www.kkbox.com/tw/tc/column/interviews-0-1286-1.html

記事、Google翻訳で訳してみたやつをちょっと修正しています。なんとなく、伝えたいことはわかる!

DA PUMP再び紅白に出たい 国民的な歌「U.S.A.」再ブレイク
(翻訳サイトだと:再び赤と白になりたいという国民の神の歌「U.S.A.」DA PUMPを裏返し)

22年前にデビューしたDA PUMPは、日本のレコーディング界で栄光の時代を経験し、10年近くの干潮に直面しました。初期の世代のメンバーがグループを去った後、ISSAは新しく参加したメンバーと苦労し、最後に、昨年、「U.S.A。」乗って、DA PUMPを再び磨きました。

一番下であっても、あきらめることは考えませんでした。
安室奈美恵の「CAN YOU CELEBRATE?」の、KinKi Kidsは「Glass Boy」でデビューし、1997年にはDA PUMPもデビューシングル「Feelin ‘Good-It’s PARADISE-」をリリースしました。曲は一年でフラットでしたが、人気のタレントショー「浅草橋ヤング洋品店」の大ヒットを通してDA PUMPに気付くのは多くの人に本当に人気がありました。

2000年のシングル「if …」、「Purple The Orion」、アルバム「BEAT BALL」は非常に人気があり、1枚目のアルバム「Da Best of Da Pump」の初年度も販売数が100万を超えました。ダンスのイメージは人々の心に深く根ざしており、台湾には多くの支持者もいます。しかし、2006年、DA PUMPは一時的に活動を停止し、第1世代のメンバーも個人的な要因により徐々に退職し、DA PUMPは絶望的な状況に陥りました。

グループ唯一のメンバーであるISSAは、谷底の時代を思い起こして、「あきらめようとは思わなかった。音楽だけをやるから、人生は音楽を作るだけだから、彼は、メンバーが7歳になったとき、多くの場合、忍耐強く順応する必要があることを認めていますが、メンバーの努力のために、他の人はだんだんとDA PUMPの努力を見てきました。

ISSAは、「U.S.A.」は祝福であり、台湾やアジアの他の地域の人々は私たちを知っていると感じて幸運です。メンバーの努力は無駄ではないと確信しており、「将来もっと多くの場所に行き、より多くの音楽作品を引き渡し、より多くの場所でイベントを開催できることを願っています」。

後に参加したメンバーとして、YORIは参加したばかりの不安についても話しました。 「参加した後、グループ活動がなくても不安はありません。もっと活動やシングルをやりたいです。私たちは本当にたくさんのことをしてきました。そのため、私たちは今私たちを創造しました。」 DA PUMPにとっては非常に重要なプロセスです。

<U.S.A.>を通じてDA PUMPを再構築
昨年日本の国歌といえば、米津玄師の「Lemon」を除いて、それはDA PUMP「U.S.A。」にほかなりません。 1990年代にDA PUMPに精通したベテランのファンにとって、「U.S.A.」は初期の作品のスタイルとは非常に異なっています。実際、グループのメンバーもファンと同じような感情を持っていました。ISSAは元々この曲は予想外だと思っていたのですが、「この歌を本当に歌いたいのですか?」と思いましたが、最終的に彼らは心を変えて「リスナーを幸せにする方法」を考えました。その後、この歌は大衆にDA PUMPを再理解する機会を与え、<USA>をDA PUMPの重要な傑作の1つにしました。

この歌は熱狂的になり、真似しやすいダンスは欠かせないと言えます。 TOMOの振付師は私たちと振り付けを共有しています。「元々はアメリカのダンスでした。私たちのメンバーはアメリカの大衆文化が好きでした。アメリカではダンスと賞賛をする人々がとても幸せだからです。アメリカにとても適しているはずです。 〉ので、これらの要素を入れてください。」

「U.S.A.」スタイルと同じくらい幸せなニューシングル「P.A.R.T.Y.〜ユニバース‧フェスティバル〜>」に関しては、TOMOはダンスムーブメントが米国で人気のあるダンスステップであることを推奨しています。「おそらく人気がある」と思います。ゾンビダンスについては、実際にはかなり前のダンスステップですが、アメリカのSNSの若者たちは最近、ゾンビダンスに人気を集めているので、若者たちに試してもらいたいと思っています。

興味深いことに、メンバーがダンスで「バイーン」を紹介したとき、中国語で「バイーン」をどのように紹介できますかと聞いたところ、現場では、誰もが「バイブレーションダンス」と呼んでいます。現在、7人が中国語で踊り、ジャンプし、「振動」を叫ぶことを学んでいます。

今年の目標:紅白出場
<USA>の人気により、昨年の新しいDA PUMPが「紅白歌合戦」に登場し、メンバーは一緒に赤白に立ち向かうことができ、家族やメンバーは非常に満足しており、ISSAはもっと今年も紅白に出たいと思っています。

ISSAは、もし今年再び紅白に出ることができれば、DA PUMPは「U.S.A.」を歌うだけでなく、「私たちの人気が短命ではないことを証明することができ、メンバーはより安心するだろう」と考えています。

私は初めて台湾に来て、台湾にとても精通しています!
DA PUMPは今年「Super Sharp趴SUPER SLIPPA 2019 PART 10」に招待され、グループが台湾に出演するのは初めてでしたが、メンバーは台湾を知らない人ではありませんでした。

今回は、飛行機から降りたときに最も有名なパールミルクティーを飲んだほか、有名な台湾の牛肉麺を粉砕しました。夜遅くまで台湾に24時間営業している食べ物がたくさんあるという事実の徹底的な調査です。 KENZOがダンスコンペティションのために台湾に行ったことを尋ねた後、TOMO、KIMI、DAICHIはすべてプライベートツアー、ISSAは台湾通で、台北、台中、高雄、さらには東洋の花蓮まで旅行しました。 「結局、沖縄は台湾に非常に近いです」と笑って言った。

 

 

日本のインタビューとは少し違う視点で書かれた感じ!紅白紅白連発してるのもちょっと珍しいかも。ISSAの最後のセリフがおもしろいw

 

▶ライブ動画もあがってました!

www.instagram.com/p/B0xxQ8fhbus/

 

**********

Twitterで記事更新お知らせしています♪


初回31日間無料で試せる!
ここでしか見れないスペシャルダンスやコラボ企画、トークがいっぱい!
▼dTVチャンネルでOH舞DA PUMPを見てみる▼




OH舞DA PUMP・千葉KENZO配信中!